TOP
株式会社レイテック − 特許調査 特許解析 特許検索システム
TOP 知的財産
調査・
解析
外国出願
翻訳
中国・韓国
台湾
新興国
BRICs他
製品紹介
PAT-LIST
サポート
セミナー
会社概要
人材募集
TOP > セミナー > PAT-LIST研究会
株式会社レイテック
セミナー

PAT-LISTセミナー

セミナー申し込み

PAT-LIST研究会

テキストお申込み
研究テーマ
PAT-LIST資格認定

第12期-H29年(2017年)
・秋季発表会の様子

第11期-H28年(2016年)
・成果発表会の様子
・秋季発表会の様子

第10期-H27年(2015年)
・成果発表会の様子
・中間発表会の様子

第9期-H26年(2014年)
・成果発表会の様子
・中間発表会の様子

第8期-H25年(2013年)
・成果発表会の様子
・中間発表会の様子

第7期-H24年(2012年)
・成果発表会の様子
・中間発表会の様子

第6期-H23年(2011年)
・成果発表会の様子

第5期-H22年(2010年)
・成果発表会の様子

第4期-H21年(2009年)
中間発表会の様子

第3期-H20年(2008年)
成果発表会の様子

第2期-H19年(2007年)
中間発表会の様子
成果発表会の様子

第1期-H18年(2006年)
成果発表会の様子
中間発表会の様子

サポート

特許情報フェア

PAT-LIST研究会

平成27年度 中間発表会(東京)

開催日:平成27年10月15日(木) 13:00〜16:30
会 場:豊島区勤労福祉会館6F (大会議室)
参加者:32名
発表会案内

     
第1部 講演
開演の挨拶

PAT-LIST研究会を主催しております弊社 代表取締役 出口 隆信より、開演のご挨拶をさせていただきました。


会場の様子
 
株式会社レイテック
代表取締役 出口 隆信

講演:「業務での活用を想定した特許情報解析の実践ポイント
 〜分析観点の絞り込みと短時間情報解析〜」

特許マップで情報を「見える化」する際に、特許分類だけでは、なかなか情報の中身がみえてきません。そこで、目的に応じた情報解析を行うために、特許を読み込み、付加情報を加味した、いわゆるSDB(戦略的データーベース)の構築が行われます。しかし、汎用的に使えるSDB構築にはとても時間を要し、言語統制作業等のスキルも必要です。

用途を限定する事で分析時間の短縮を狙った「ワンタイムSDB」を提案し、題材を電気シェーバー、電動アシスト自転車とし、用途を戦略検討に限定した実施例を通して、その実践ポイントを考察する方法を講演していただきました。

    【主な講演内容】
  • 自己紹介とグループ名の由来
  • シェーバーの分析
  • 電動アシスト自転車の分析
  • 泉シャーバーの戦略
  • シマノ電アシ戦略
  • 活動成果の確認
  • 獲得できた技
 
ダイキン工業株式会社
小林 淳 様

第2部 中間発表会
Bグループ:「特許情報から炭酸飲料市場の変化を解き明かす」
 〜なぜ今炭酸飲料か?〜

爆発的ヒット商品の誕生やトクホ商品の市場投入など、炭酸飲料が注目を集めています。特許情報や一般情報から、炭酸飲料市場におけるメーカー戦略の変化や消費者の変化を解き明かした半年間の成果を発表していただきました。

    【発表内容】
  • メンバーの紹介とゴールイメージ
  • テーマ選定候補と選定理由、チーム活動の目的
  • 市場動向分析
  • 特許情報分析
  • 機能性材料での新商品予測
  • まとめ・今後の方針
 
三菱ガス化学株式会社
渡辺 智美 様

Cグループ:「The strategy and competitors of the Procter and Gamble
 who has revolutionized the fragrance & smell market」
 〜Future fate of deodorant technology〜

昨年度のBチームが行った日本特許解析の結果を補完して、P&G社のコア技術のUS特許を4観点より分析して、P&G社の知財戦略と事業戦略を探った半年間の成果を発表していただきました。

    【発表内容】
  • 一般情報によるP&Gマクロ解析
  • 特許情報によるP&Gマクロ解析
  • 製品と特許の相関関係をセミマクロ解析
  • 重要特許と主製品の抽出
  • 主製品の重要特許のミクロ解析
  • 今後の活動
 
はやぶさ国際特許事務所
桐山 勉 様

Aグループ:「PAT−LISTで情報を見える化するための勘どころ」
 〜使えるテクニックのポイントと過去の成果発表の活用〜

特許情報を「見える化」するにあたって生じる、情報解析現場の「声」と「気づき」に着目し、「いまさら聞けないQ&A」のような困った時の打開策や解決への糸口等を提供する手段を発表していただきました。

    【発表内容】
  • メンバー紹介とテーマ選定の理由
  • 「勘どころ集」のゴールイメージ
  • 「マップ作成の裏技」のアウトプットイメージ
  • 今後の活動

株式会社武蔵野化学研究所
駒沢 友香 様

成果発表会に向けてのアドバイス

各グループの中間発表の評価・採点と、成果発表会へのアドバイスをしていただきました。
    【主なアドバイス】
  • 桐山流実践式手法10カ条
  • プロセスを重じる
  • 特許検索・調査の王道に沿って・・・等

PAT-LIST研究会
塾長  桐山 勉 様

第3部 懇親会

中間発表会の後、『PAT-LIST研究会 in 東京』のメンバーやアドバイザーの皆様のほか、ゲストの方々に懇親会へ参加していただきました。


名古屋式一本締め (業績・活動等が右肩上がりになるよう、手締めの後に右上に手を上げます)
※写真をクリックすると、拡大できます。

テキスト販売

PAT-LIST研究会 中間発表会のテキストを販売しております。

PAT-LIST保守契約企業
CN/WEB会員企業
その他一般
3,000円/部(税別) 5,000円/部(税別)

◎お問合せ先
  株式会社レイテック
  担 当:名古屋支社
  TEL :052-228-9260
  e-mail:nagoya@raytec.co.jp

  お申し込みはこちらから
  ページトップに戻る