TOP
株式会社レイテック − 特許調査 特許解析 特許検索システム
TOP 知的財産
調査・
解析
外国出願
翻訳
中国・韓国
台湾
新興国
BRICs他
製品紹介
PAT-LIST
サポート
セミナー
会社概要
人材募集
TOP > セミナー > PAT-LIST研究会
株式会社レイテック
セミナー

PAT-LISTセミナー

セミナー申し込み

PAT-LIST研究会

テキストお申込み
研究テーマ
PAT-LIST資格認定

第12期-H29年(2017年)
・秋季発表会の様子

第11期-H28年(2016年)
・成果発表会の様子
・秋季発表会の様子

第10期-H27年(2015年)
・成果発表会の様子
・中間発表会の様子

第9期-H26年(2014年)
・成果発表会の様子
・中間発表会の様子

第8期-H25年(2013年)
・成果発表会の様子
・中間発表会の様子

第7期-H24年(2012年)
・成果発表会の様子
・中間発表会の様子

第6期-H23年(2011年)
・成果発表会の様子

第5期-H22年(2010年)
・成果発表会の様子

第4期-H21年(2009年)
中間発表会の様子

第3期-H20年(2008年)
成果発表会の様子

第2期-H19年(2007年)
中間発表会の様子
成果発表会の様子

第1期-H18年(2006年)
成果発表会の様子
中間発表会の様子

サポート

特許情報フェア

PAT-LIST研究会

平成27年度 成果発表会(東京)

開催日:平成28年 4月21日(木) 13:30〜16:40
会 場:文京シビックホール 3階会議室
参加者:86名
発表会案内

     
第1部 講演
開演の挨拶

PAT-LIST研究会を主催しております弊社 代表取締役 出口 隆信より、開演のご挨拶をさせていただきました。


発表会場の様子
 
株式会社レイテック 代表取締役 出口 隆信
株式会社レイテック
代表取締役 出口 隆信

講演:「企業経営に資する知財活動;
 〜特許情報・価値評価の重要性、技術移転方策など

企業経営、事業活動に資する知財活動、技術調査とは何か、について実例を交えて考えてみる。 特に、経営とのかかわりにおける知財の活動方針や重点施策、及び技術調査、特許価値評価の情報に基づく知財戦略ならびに開発戦略がいかに重要か、また他社特許対策の重要性、活用施策例、などに関して考え方などを紹介していただきました。 さらに、技術移転、技術供与(ライセンス)を進める上での取り組み方を演者の実経験を元に解説していただきました。

    【主な講演内容】
  • 特許出願の質的向上(強い権利の取得のために)
  • 特許調査・価値評価の重要性;経営への寄与例
  • 特許価値評価;知財力評価と見える化の重要性
  • 技術移転の考え方;実例の紹介〜材料・部品特許等を例として
 
株式会社エムテック 代表取締役社長 内川 英興 様
株式会社エムテック
代表取締役社長 内川 英興 様

第2部 成果発表会
Aグループ:「PAT-LISTで情報を見える化するための勘どころ」
 〜これは使える!「気づき」と「すご技」の体験学習〜

グループメンバー各自が独自テーマに取組み、体験した「気づき」と「スゴ技」を披露していただきました。

    【発表内容】
  • PAT-LIST研究会の新しい試み
  • PAT-LISTを使う前の「なぜ?」に応える「気づきの素」
  • PAT-LISTをもっと使うための「気づき」活用大全
  • 体験学習 ・・・等
    1. 「kose」から学ぶ
    2. 「dyson」から学ぶ
    3. 「太陽電池」から学ぶ
  • PAT-LISTをスマートに使うための「スゴ技」活用大全
キリン株式会社 平尾 啓 様
キリン株式会社 平尾 啓 様 (アドバイザー)

 
武蔵野化学研究所 駒沢 友香 様
武蔵野化学研究所 駒沢 友香 様

株式会社IHI 清水 淳 様
株式会社IHI 清水 淳 様

富士電機株式会社 栗林 均 様
富士電機株式会社 栗林 均 様

Bグループ:「特許情報から炭酸飲料市場の変化を解き明かす」
 〜なぜ今炭酸飲料か?〜

爆発的ヒット商品の誕生やトクホ商品の市場投入など、炭酸飲料が注目を集めている。 本活動では、特許情報や一般情報から、炭酸飲料市場におけるメーカー戦略の変化や消費者の変化を解き明かしていただきました。

    【発表内容】
  • 研究目的
  • 市場動向解析
  • 特許出願動向解析
  • 基本知識−難消化性デキストリンとは
  • 商品予測・・・等
 
ライオン株式会社 猪俣 和也 様
ライオン株式会社
猪俣 和也 様

Cグループ:「Virtual analysis on a deodorant strategy of Procter and Gamble through mandatory Hypothesis thinking & Pseudo-experience」
 〜 Future fate of deodorant technology 〜

昨年度のBグループの日本特許解析の結果を補完して、P&G社のUS特許を分析、コア技術のUS特許を6観点より分析してP&G社の知財戦略と事業戦略を探った結果を発表していただきました。6観点分析とは、Boolean検索・テキストマイニング応用検索・俯瞰可視化分析・引用被引用NWA。

    【発表内容】
  • P&G社の技術戦略予測
  • 仮説の同定・確認.
  • 主要4商品の関連特許のミクロ分析
  • 米国市場における主要4商品のフラグ特許の同定
  • 米国市場における主要商品の推定(日本市場との差異を認識)
  • 米国特許のセミミクロ分析
  • 昨年の東京Bチームが分析した日本特許から対応米国特許の調査

はやぶさ国際特許事務所 桐山勉 様
はやぶさ国際特許事務所
桐山 勉 様

第3部 懇親会

成果発表会の後、『PAT-LIST研究会 in 東京』のメンバーやアドバイザーの皆様のほか、ゲストの方々に懇親会へ参加していただきました。

また懇親会の席では、成果発表会における社長賞の発表およびPAT-LIST資格認定証の授与も行われました。

社長賞を受賞したBグループの皆様
社長賞を受賞したBグループの皆様 (クリックして拡大できます)

Aグループの皆様
Aグループの皆様 (クリックして拡大できます)

Cグループの皆様
Cグループの皆様 (クリックして拡大できます)

Cグループの皆様
懇親会の集合写真 (クリックして拡大できます)

テキスト販売

PAT-LIST研究会 成果発表会のテキストを販売しております。

PAT-LIST保守契約企業
CN/WEB会員企業
その他一般
3,000円/部(税別) 5,000円/部(税別)

◎お問合せ先
  株式会社レイテック
  担 当:PAT-LIST研究会事務局 (東京本社)
  TEL :03-5577-5898
  e-mail:info@raytec.co.jp

  お申し込みはこちらから
  ページトップに戻る