TOP
株式会社レイテック − 特許調査 特許解析 特許検索システム
TOP 知的財産
調査・
解析
外国出願
翻訳
中国・韓国
台湾
新興国
BRICs他
製品紹介
PAT-LIST
サポート
セミナー
会社概要
人材募集
TOP > セミナー > PAT-LIST研究会
株式会社レイテック
セミナー

PAT-LISTセミナー

セミナー申し込み

PAT-LIST研究会

テキストお申込み
研究テーマ
PAT-LIST資格認定

第12期-H29年(2017年)
・秋季発表会の様子

第11期-H28年(2016年)
・成果発表会の様子
・秋季発表会の様子

第10期-H27年(2015年)
・成果発表会の様子
・中間発表会の様子

第9期-H26年(2014年)
・成果発表会の様子
・中間発表会の様子

第8期-H25年(2013年)
・成果発表会の様子
・中間発表会の様子

第7期-H24年(2012年)
・成果発表会の様子
・中間発表会の様子

第6期-H23年(2011年)
・成果発表会の様子

第5期-H22年(2010年)
・成果発表会の様子

第4期-H21年(2009年)
中間発表会の様子

第3期-H20年(2008年)
成果発表会の様子

第2期-H19年(2007年)
中間発表会の様子
成果発表会の様子

第1期-H18年(2006年)
成果発表会の様子
中間発表会の様子

サポート

特許情報フェア

PAT-LIST研究会

平成24年度 成果発表会(東京)

開催日:平成25年 4月15日(月) 14:00〜18:10
会 場:東京ウィメンズプラザ視聴覚室 (1F)
参加者:約100名

     
開演の挨拶

PAT-LIST研究会を主催しております弊社 代表取締役 出口 隆信より、開演のご挨拶をさせていただきました。


会場の様子
 
株式会社レイテック
代表取締役 出口 隆信

基調講演:「精密機器業界における知財戦略」

複写機、プリンタなどの精密機器業界では、メーカーが自社製品を知財権で保護しても、模倣業者が知財権をかいくぐって模倣品やリフィルといったビジネス参入してきます。 メーカーはそれを防ぐ方法を繰り返し考えなければいけません。

またこの業界では、日本企業が主たるライバルで、クロスライセンスをするという特殊な状況にあります。 この業界も先進国から新興国市場へと戦略シフトが行われており、そこにも課題を抱えています。 このような業界内での知財戦略がどのように変化してきているのかについて講演していただきました。

    【主な内容】
  • 精密機器業界の特殊性
  • 知財面から見た精密機器業界の特殊性と課題
  • 精密機器業界の新興国市場(特に中国)
  • 企業として取り組まなければならない(取り組んだ)こと
 
株式会社リコー 法務知財本部
審議役 田端 泰広 様

成果発表
Aグループ:筆記具市場における競争地位別の知財戦略を探る」
  〜 一般情報と特許情報を融合させて、説得力が高く技術的に深い分析に
   チャレンジする 〜

筆記具市場の動向および市場地位(リーダー、チャレンジャー、ニッチャー、フォロワー)による知財戦略の違いを、ボールペンの分野で解析した成果を発表していただきました。

    【発表内容】
  • Aグループでの検討内容
  • 一般情報分析
  • 特許情報分析:マクロ分析
  • 特許情報ミクロ分析
  • 特許情報コア分析
  • まとめ
  • PAT-LISTをより活用するために
  • 研究活動を通じて

帝人株式会社
佐藤 貢司 様

Bグループ:「商品開発の方向性提案に資する分析」」
  〜 お客様の声と特許情報を融合し商品開発に活かす 〜

PAT-LISTを特許情報分析ツールだけに閉じるのではなく、QFD (品質機能展開)概念を導入することにより、PAT-LISTをよりマーケティング情報を加味したSDB(戦略データベース)構築に応用した成果を発表していただきました。

    【発表内容】
  • 分析課題の認識
  • 情報分析シナリオ
  • 分析テーマ選択
  • 一般情報分析
  • マクロ分析
  • ミクロ分析/コア分析
  • 重要課題分析
  • 新課題分析/QFD応用
  • 経営者への提言
  • 本年Bグループが提案する分析方法
  • PAT-LIST機能への提案

キリン株式会社
平尾 啓 様

Cグループ:「自動車事故のない時代は来るのか?」」
  〜 アイサイトの衝突防止システムを探る 〜

富士重工のレガシィに搭載された衝突防止システムを中心に調べ、特許情報と一般情報を活用して、自動車の安全運転に挑む戦略を探った結果を発表していただきました。

    【発表内容】
  • 活動目的とテーマ設定
  • 特許情報分析(富士重工とトヨタの比較)
  • 両社(富士重工とトヨタ)の戦略検討
  • まとめ

日本バルカー工業株式会社
関 博貴 様

講評

平成24年度PAT-LIST研究会 in TOKYOの1年間の活動を振り返り、各グループの成果発表を講評していただきました。
    【主な評価項目】
  • テーマ選定
  • メイン/サブテーマの選定
  • 法制/業界事情/税制/消費動向
  • 技術動向/学術文献/インターネット調査/本
  • グループ分類の考え方
  • 特許情報解析(マクロ分析/ミクロ分析) など

PAT-LIST研究会
塾長  桐山 勉 様

懇親会と授与式

成果発表会の後の懇親会にPAT-LIST研究会メンバーやアドバイザーの皆様のほか、多くのゲストの方々にも参加していただきました。

懇親会の席では、PAT-LIST研究会メンバーの皆様への修了書授与、PAT-LIST資格認定試験合格者への認定書授与、そして社長賞の授与が行われました。


懇親会の様子


PAT-LIST資格認定試験合格者への認定書授与式

テキスト販売

PAT-LIST研究会 成果発表会のテキストを販売しております。

PAT-LIST保守契約企業
CN/WEB会員企業
その他一般
2,000円/部(税込) 5,000円/部(税込)

◎お問合せ先
  株式会社レイテック
  担 当:名古屋支社
  TEL :052-228-9260
  e-mail:nagoya@raytec.co.jp

  お申し込みはこちらから
  ページトップに戻る