TOP
株式会社レイテック − 特許調査 特許解析 特許検索システム
TOP 知的財産
調査・
解析
外国出願
翻訳
中国・韓国
台湾
新興国
BRICs他
製品紹介
PAT-LIST
サポート
セミナー
会社概要
人材募集
TOP > セミナー > PAT-LIST研究会
株式会社レイテック
セミナー

PAT-LISTセミナー

セミナー申し込み

PAT-LIST研究会

テキストお申込み
研究テーマ
PAT-LIST資格認定

第12期-H29年(2017年)
・秋季発表会の様子

第11期-H28年(2016年)
・成果発表会の様子
・秋季発表会の様子

第10期-H27年(2015年)
・成果発表会の様子
・中間発表会の様子

第9期-H26年(2014年)
・成果発表会の様子
・中間発表会の様子

第8期-H25年(2013年)
・成果発表会の様子
・中間発表会の様子

第7期-H24年(2012年)
・成果発表会の様子
・中間発表会の様子

第6期-H23年(2011年)
・成果発表会の様子

第5期-H22年(2010年)
・成果発表会の様子

第4期-H21年(2009年)
中間発表会の様子

第3期-H20年(2008年)
成果発表会の様子

第2期-H19年(2007年)
中間発表会の様子
成果発表会の様子

第1期-H18年(2006年)
成果発表会の様子
中間発表会の様子

サポート

特許情報フェア

PAT-LIST研究会

平成21年度 中間発表会

開催日:平成21年 9月 9日(水) 13:30〜18:00
会 場:中小企業会館 9F講堂
参加者:約45名

開演の挨拶
PAT-LIST研究会を主催しております弊社 代表取締役 出口 隆信より、開演のご挨拶をさせていただきました。 株式会社レイテック 代表取締役 出口 隆信

株式会社レイテック 代表取締役 出口 隆信
基調講演 「国立大学法人化後の産学連携の実情 〜課題と期待〜」
2004年4月の国立大学法人化の後の産学連携の歩みと実情、現在何が課題となっているのか、どのように解決しようとしているか、これから何が起きるのかを、具体的事例によりご紹介していただきました。
また、試験・研究の例外や学生の守秘義務の問題、外為法への対応など、企業が大学とつきあう際に必要となる留意点も併せてご紹介していただきました。

基調講演風景
国立大学法人東北大学 塩谷 克彦 様

国立大学法人東北大学
産学連携推進本部 知的財産部長 特任教授
塩谷 克彦 様
講演 「戦略的思考を持つ知財人財の育成方法」
日本知的財産協会の専門委員会「知財マネジメント委員会」における2008年度テーマの一つとして作成された論説を元にご講演していただきました。

知財を取り巻く環境の変化や、知財組織における問題点を総括して、今後の知財部門には不可欠な「戦略的思考を持つ知財人財」とは何か、 理論的裏付けをした上で、どのように育成するか、責任は知財部門長にあると特定し、何故、人材が育たないのかをどのようにすれば明らかに出来るかを述べていただきました。 また、その原因分析に基づいて、強化すべき点を補強できる施策もご紹介していただきました。

講演風景
旭化成ホームズ株式会社 菅澤 光裕 様

旭化成ホームズ株式会社 知的財産部
企画調査担当部長
兼 旭化成株式会社 新事業本部 知的財産部 住宅担当
菅澤 光裕 様
中間発表

Aグループ:「商品開発戦略構築に有益な情報解析手法の検討」
商品に関する市場情報や規制情報等の一般情報を調査し、さらにPAT-LISTを用いて特許情報の解析を行い、その2つをリンクさせることにより、商品開発の方向性を探り、「脂肪燃焼測定システム」を研究テーマに決めるまでの過程を発表していただきました。

発表風景
旭化成株式会社 清水 文子 様

旭化成株式会社
清水 文子 様
Bグループ:「家庭用環境対応商品の企画提案」
家庭用環境対応商品の探索から具体的な商品企画を提案することを目標に、これまでに設定した複数の仮説と特許やマーケット情報によって絞込みを行い検証した結果を発表していただきました。



発表風景
HOYA株式会社 柴原 祥考 様

HOYA株式会社
柴原 祥考 様
Cグループ:「中国における環境対応車の5年後、10年後の主流は何か」
経営層が納得できる資料として、PAT-LISTとCN/WEBを使って、言語の壁を知恵と工夫で乗り越えた特許マップに挑戦した途中経過を発表していただきました。



発表風景
コニカミノルタテクノロジーセンター株式会社 中山 憲卓 様

コニカミノルタテクノロジーセンター株式会社
中山 憲卓 様
パネルディスカッション

今回初めてパネルディスカッションを行いました。基調講演、講演、各グループの研究テーマ発表をご聴講していただいた後、参加者の皆様より特許マップや特許情報の活用などに関して、日頃の業務で感じておられる疑問、お悩み等をご質問していただき、それらをテーマとして、PAT-LIST研究会のアドバイザーやオブザーバーの方々にディスカッションしていただきました。



質問風景
パネラーの皆様

パネラーの皆様(左側より)
 旭化成(株) 中村 栄 様、
 花王(株) 安藤 俊幸 様、
 (元)(株)帝人知的財産センター 桐山 勉 様、
 旭化成ホームズ(株) 菅澤 光裕 様、
 国立大学法人東北大学 塩谷 克彦 様、
本PAT-LIST研究会によせて
過去3年間のPAT-LIST研究会と平成21年度PAT-LIST研究会の半年間の活動を振り返り、平成21年度PAT-LIST研究会 中間発表会を総括していただきました。


質問風景
(元) 株式会社帝人知的財産センター 桐山 勉 様

(元)株式会社帝人知的財産センター
桐山 勉 様



テキスト販売
PAT-LIST研究会 中間発表会のテキストを販売しております。

テキスト代
PAT-LIST保守契約企業
CN/WEB会員企業
その他一般
2,000円/部 5,000円/部
※送料は別途承ります。

◎お問合せ先
  株式会社レイテック
  担 当:サポート・営業グループ
  TEL :03-5577-5898
  e-mail:info@raytec.co.jp
  お申し込みはこちらから
平成21年度PAT-LIST研究会 中間発表会テキスト

  ページトップに戻る